資金繰り改善・資金調達事業部

銀行融資で新たに資金調達するだけが資金調達ではありません。

  • 返済元金を増やすのではなく、返済条件の変更により毎月の返済金額を減らしてはいかがでしょうか?
    (一定期間の据え置き等など)
    ◇ 売上が伸びている成長期で無い限り、むやみに借入残高を増やすのは危険です。
    ◇ 月々の返済額が増えると、どんどん経営が圧迫されてきます。
  • 御社が受けられる補助金・助成金があるかもしれません。
    新たに社員を雇い入れる場合、社会貢献度の高いビジネスを行っている場合、海外進出等を行う場合など、条件により補助金・助成金を受けられるものもございます。
  • ビジネスモデルに応じた資金調達を行う事が重要です。
    どんなに良いビジネスモデルでも、杜撰な資金計画では全て台無しです。
  • リース会社・保険会社等など、利用できるかもしれません。
  • 会社の資産を現金化する方法を考えてみませんか?
  • 売掛債権を担保に短期資金を調達してみてはいかがですか?
    ファクタリングによる、売上債権を先もらいする事が可能です。
    また、注文書等の提出により、当該売掛債権を担保に短期借入調達の交渉が可能。
  • 事業売却を考えてみてはいかがでしょうか?
    御社の事業の一部を、売却することにより、スリム化と資金調達が可能となります。
    などなど資金策には様々な方法あがります。ぜひ一度ご相談下さい。
horizon

事業案内

税務・会計
資金調達・資金繰り改善 銀行交渉・対策
海外進出支援・海外情報提供(東京等、国内での進出を含む)
相続対策・事業継承 対策はお早めに!

会社へ代表者から貸付していませんか?御社の株価ご存じですか?
相続税は身近な問題です。お金がなくても沢山の相続税が発生する可能性もございます。

詳細はこちら
資金繰りに困った時は?

目先の問題はもちろんですが、資金繰り悪化の根本的原因を突き止めましょう。銀行融資だけが資金調達ではありません。お気軽にご相談ください。

融資が否決される原因
御存知ですか?試算表の使い方

試算表は、会社の健康状態がわかる唯一の客観的な資料です。
使い方次第で武器にもゴミにもなります。経営者の目線での試算表の使い方をしていきましょう。

試算表の使い方はこちら
メールでのお問い合わせ